インプラント治療を受けよう|違和感の無い歯!

白い歯

スリープスプリント

案内

スリープスプリント。いびきを治すためのマウスピースには、そんなスタイリッシュな名前が付いています。歯を覆って顎をしゃくれさせてしまうくらいだから、ゴッツいやつなんだろう?と想像するかもしれませんが、現実のスリープスプリントは、名前通りシュッとした印象のある、無駄のない透明なマウスピースです。現在、いびき治療の処置としては、スリープスプリントの他にはCPAPというものがあります。これは、マウスピースとりはもう少し大掛かりな機械で、多くは鼻の穴にチューブを差し込み固定して、寝るときには機械が空気を送り込み、気道を押し広げるというものなのです。少々チカラワザの印象のある治療方法なのです。人によっては、CPAPはちょっとという場合があるのです。そういう場合に、スリープスプリントはうってつけであると言えます。この手軽さと、気楽さ。実際、透明で硬くもない「治療器具」ですから、気は楽だったりするでしょう。人によっては慣れるまでに時間がかかったり、朝起きてしゃくれがなおるまでに10分ばかり時間が必要だったりするらしいのですが、しかしモノは慣れですね、いつでも。

スリープスプリントは誰でも受けられるものではないです。舌が長い人やアデノイドが肥大しているといった方は、スリープスプリントは受けられません。そのため、スリープスプリントが受けられるか、診てもらわなければなりません。また、寝付きが悪くて困っているという方もいますが、スリープスプリントは最適とはいえません。スリープスプリントの治療を受けられる医療機関に問い合わせてみると良いでしょう。